転職サイト.net-転職サイトを比較する

人材紹介会社A社の転職支援

スポンサードリンク

A社は、大手の人材紹介会社で名前を知っている方も多いと思います。
転職サイトからA社所定の履歴書、職務経歴書に記入して申し込みました。

コンサルタントとの面談

申し込んで数日でA社からメールで返事があり、コンサルタントとの面談の希望日を連絡してくださいとのことでした。
メール連絡で決めた面談日にA社に行くと、mituの担当コンサルタントは、20歳代の女性でした。
はじめの面談は、求人会社に希望者が応募するときにA社として推薦状を書く必要があり、その推薦状に書く内容についてヒヤリングをしているといった印象でした。
ヒヤリングが終わるとmituの希望する職務、勤務場所などに該当すると思われる求人会社の概要ペーパーを10社以上用意していました。
この求人会社のなかから、希望する会社を選んでほしいとのことでしたが、要は、すべての会社に応募して、運良く書類選考を通ったら面接を受けることができますというニュアンスがありました。
とりあえす、家に持ち帰り検討するとのことでA社を後にしました。

その後のサポート

持ち帰った求人会社からmituが興味を持った会社3社だけ、応募する旨をメールしました。
応募した3社のうち、面接を受けられたのが1社のみ。
その1社は、面接で「他者との比較」で不合格でした。
それからも新たに求人会社を紹介してくれましたが、mituの条件にあわなかったり、応募しても書類選考で×でした。

A社の紹介スタイル

大手の人材紹介会社であり、一遍に多くの求人会社を紹介することから、担当コンサルタントが紹介する求人会社について、具体的な情報を持っていることは無いと思われます。
求人会社を担当する営業と転職希望者を担当するコンサルタントが完全に分業となっているのでしょう。
一口に言えば、数多くの求人会社の情報を保有しているので、その中であなたに合うものもあるでしょうという紹介スタイルだと思います。
大手の人材紹介会社を利用するメリットは、自分の希望する職務、会社がどのくらいあり、どんな条件かわかり、かつ、希望すれば求人に応募できることです。
ですから、幅広く求人情報を収集して転職活動をしたい場合は、大手人材紹介会社1〜2社は登録する方がよいと思います。

スポンサードリンク